kawax さんはインスタンス chitose.moe のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。

kawax @kawax@chitose.moe

即逃げる級は和暦使ってるやつ。
元号選択して入力させてるのは元号増えた時に困ると誰でも分かる。
大昔ではなく10年前程度でもそんな作り方してるのが実在していた。

DBでは西暦で保存。表示だけならともかく入力に使ってるので西暦への変換なんてバカみたいなことをやってるんだろうなぁ…。

関わりたくないものはいっぱいある。
そもそもECサイトを自分のサーバーで運営するなんて責任重大なことは真っ先に避ける。
どこかのサービス使ったほうがいい。

Mallentoとやらは関わってはいけないリスト行きかな…。
デモサイトのhtml見ただけでやばさしかない。
mallento.com/demosite/
jQuery 1.10.1
jQuery UI 1.9.2
CSRF対策がなさそう。
5-10年前ではなく数ヶ月前でこれとか謎すぎる…。

ECサイト作れるシステムなのに公式のストアで使ってるのはEC-CUBE…。

検索した結果は…ばれないと思ってるのかなぁという感じで…。

年に1回だから毎年確定申告のやり方忘れる…e-Tax完備してても。
今年は後は送信するだけまでの準備はできた。

ドメインに使えなかったので変更した
ja.wordpress.org/domains/

プラグイン名なんかでも他社の商標使うなと言われるしなぁ。

古いWordPressをアップデートしようキャンペーン
wordpress-update.info/

放置されてるWPは
・制作会社に任せてたので分からない。
・更新して動かなくなるのが怖い。
・そもそも更新できないように設定されてる。
とかだからまずうちに依頼すればちゃんと更新できるよって参加者を募集してここから探せばいいって環境を作りたい。

最近はTwitterアカウントも安心ではないのでソーシャルログインをどうするかは悩む…

マストドンの場合インスタンスが消える可能性高いからマストドンアカウントでのログインしかできないのは設計間違ってる。
インスタンスが消えたらもうログインできない。

2.2.0も何もなく更新

2.2.0はリリースされてから。
ダイジェストメール?は確かに一度も設定してない…。

ElastiCache(Redis)をインスタンスタイプ下げて新しくした。
タイムラインは消えるけどまぁいいだろう。
Sidekiqで連続稼働時間 (日)はリセットされた。

2.1.3出てたのか。

昨日CodeCommit+CodeBuild+CodePipeline使うようにしたので今は完全にAWSのサービスのみで動いてる。

2.1.2は久しぶりに一発でアップデート成功

2.1.1。アップデートは成功してるけどCI/CDが失敗になるのは時間切れなのでecs-cliに--timeout 10付ければ解決するかな。
デフォルト5分から10分に伸ばしたら6分ちょいで成功してるので少しだけ足りなかった。

2017年振り返りは…発売日にスイッチ買っておいてよかった。
Amazonで予約できたくらいだから1月が一番余裕だった。

2.1.0はマストドンではなくDocker部分で手間取った。
2ヶ月も空くと色々変わる。

さて久しぶりのマストドンバージョンアップ…

2.1.0rc6をマージだけしてみたらちょっとだけ競合。

あー少し前にTwitter API使うために新アカウント作ったら即凍結されたけどその頃からすでに始まってたのか…。
メールとか電話番号とか見て凍結してそう。
1人1アプリとか無理だろう…。

コンテナ時代の第一章の終わり、そして第二章の展望など - Publickey
publickey1.jp/blog/17/post_265

社名をDockerに変えた時に本気だと思った。
使う理由がなかったのでマストドンでしか使ってないけど。